海外人財採用の取り組み

海外人財採用の取り組み

海外から技術者・技能実習生の受け入れ

海外から技術者・技能実習生の受け入れ
ミャンマーより技能実習生の受け入れを開始

ウイルテックでは、中国、ベトナム、ミャンマー、インドネシアなどから技術者および技能実習生を採用しております。技能実習生の受け入れでは、日本の優れた技術や技能、知識の習得を支援し、帰国後に母国の発展に寄与するという国際貢献の重要な一翼をになう取り組みを行っております。
ウイルテックは監理団体のEMPCを通じて、2004年より外国人技能実習生を受け入れており、2014年より電子機器・機械分野では全国でも先駆けてミャンマーより技能実習生の受け入れを開始しております。2016年5月末現在にて172名在籍しています。今後も毎年100名以上を継続的に受け入れていく予定です。

ミャンマーでの取り組み

ウイルテックはミャンマーのタウンジーにて人財育成を行うために、タウンジー技術大学への日本語教育講座の提供を2016年6月より始めました。
また、タウンジー日本語学校(TJLS)との間に「タウンジー技術大学における日本語教育講座」と「技術者等の育成および採用候補者の選定」において業務提携を行い、タウンジーにて日本企業が求める日本語と日本文化の教育の実施を確立しております。

タウンジー技術大学での日本語初級(N5)講座修了式 タウンジー技術大学での日本語初級(N5)講座修了式
(2016年9月30日)
タウンジー日本語学校 タウンジー日本語学校
■タウンジー技術大学 Technological University (Taunggyi)
http://tutgi.moe-st.gov.mm/
■タウンジー日本語学校 Taunggyi Japanese Language School
ページの先頭へ