news service company sustainability Investor Relations Investor Relations recruit contact stories

働き方を考える 人財育成

  1. トップページ
  2. サステナビリティ
  3. 働き方を考える
  4. 人財育成

ウイルテックにとっての成長は、従業員一人ひとりが蓄積する知識や経験だと考えています。そのため従業員が成長し、さらなる活躍へとつながる制度や機会を設けています。

  • 4. 質の高い教育をみんなに
  • 8. 働きがいも経済成長も
取り組み01

プロによるキャリアコンサルティングを実施

2016年にキャリアコンサルティング制度を立ち上げ、従業員のキャリアカウンセリングを実施しています。ウイルテックでは国家資格を有するキャリアコンサルタントが所属する専門部署があり、従業員が将来どのような方向に進みたいのか、何が合うのかなど、キャリアパスについて相談することができます。生き生きと働くための大切な相談だからこそ、プロによるキャリアコンサルティングが必要だと考えています。

キャリアコンサルティングの様子
取り組み02

ジョブポスティング制度で社員のチャレンジをサポート

従業員の職域拡大を図りキャリアアップを支援する制度のひとつとして、ジョブポスティング制度を導入しています。ウイルテックには設計・開発・ロボット推進などの技術技能職から、組み立て・機械操作・検品などの製造技能職、工程やシフト・生産状況管理などの製造管理職、営業・品質保証といった総合職など、さまざまな職種があり活躍できるフィールドが幅広くあります。新たな仕事に人財を募集する際、まず自社内で希望者を募り、グループ各社への転籍も含めたジョブチェンジの機会を設けています。従業員の「やりたい仕事に就きたい、自分の能力を発揮できる仕事に就きたい」という希望に応え、自社内で新たなチャレンジに挑める環境をつくっています。

  • 自主的なキャリア形成の促進
  • チャレンジマインドの醸成
  • 従業員の希望に沿った異動の実現

Interview ジョブポスティング制度を活用しました

ジョブポスティング制度を活用しようと思った理由は?

私はウイルテックに中途で入社し、はじめは製造現場に配属されました。その製造現場の業務を3年ほど経験したころ、ジョブポスティングのお知らせでシステム関連に精通している人材を探していることを知りました。
私は過去にシステムエンジニアをしていたことがあり、その時の知識と経験を活かしてステップアップしたいと考えたのが応募の理由です。

ジョブチェンジした感想は?

一口にシステム関連の仕事といっても、その内容は多岐に渡ります。さまざまな業務に携わることができて、自分の幅を広げるきっかけになったと感じています。大げさな言い方になってしまいますが、自分にとってジョブポスティング制度は、人生を変えてくれた制度だと思います。

大島 慎太郎
カスタマーサービス事業本部 業務企画課 業務企画チーム
(前所属部署:マニュファクチャリング事業本部 関東・東海事業部 製造3課 業務推進係)
取り組み03

各種研修制度や教育支援で高い“技術力”と“人間力”を育成

東京と大阪に研修センターを配置し、設備技術や機械設計技術などの技術系スキル研修の教育カリキュラムを実施しています。大手メーカーで設計・開発に携わっていた技術者や、さまざまな装置に精通したフィールドエンジニアなど、各分野のエキスパートが講師を務め、教科書や資料だけでは学ぶことのできない実務に沿った研修を行っています。
営業部や間接部門においても、基礎研修だけでなく、階層別や課題別研修を充実させ階層別に満遍なく研修を用意。自身の職責への理解を深める機会と必要な能力習得の機会を提供しています。
また、個人のスケジュールに合わせて受講できるeラーニングを社内研修制度に導入し、従業員の学習機会を広げています。
ウイルテックでは働きながら必要な知識や技術を学び、キャリアアップやジョブチェンジを目指すことが可能です。

技術系スキル研修の様子

技術系スキル研修例

機械系研修 設備メンテナンス技術研修・フィールドサービスエンジニア研修
機械設計技術研修(2D-CAD)・機械設計技術研修(3D-CAD)
IT系研修 プログラミング技術研修・アルゴリズム研修・組み込みシステム技術研修・IoTシステム技術研修
電気制御系研修 LC基礎技術研修・データロガー技術研修・研修装置制御実習研修・電気基礎講座

当サイトでは、サイトの利便性向上及びマーケティング活動の利用を目的に、クッキーを使用しています。クッキーの使用については、「サイトのご利用にあたって」をご参照いただき、クッキーの使用にご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。同意いただけない場合は、ブラウザのクッキーの設定を無効化してください。

同意する